経営方針

ご挨拶

株式会社厚木ミクロのホームページをご覧戴きまして、誠に有り難うございます。
厚木ミクロは薄膜パターニング技術を駆使し、各種ディスプレイデバイスをはじめとして、この応用技術をもって医療機器、医薬品開発機器の製作を得意とする、もの作りのメーカーでございます。

フォトリソグラフィーとウエットエッチングという古くからある技法ではありますが、対象とする薄膜金属類や高分子材料を組合わせ高精度にパターン化することにより様々な電子機器のパーツとなっております。
私たちが作り出す製品はけして華やかなものでもなく、テレビコマーシャルにのるようなものではありませんが、皆様がお持ちになっている携帯電話や自動車のメーター類、あるいはお買い物をするさまざまなお店の表示機器など、いつも皆様の身近にございます。

厚木ミクロはこれからも、皆様の生活を支える電子機器の一部を作り続けるため、朴訥と真摯に一歩一歩技術を高め、社会のお役に立てる企業として努力し続ける所存でございますので、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長澤木 幸風

社是

「創意自から道を拓く」(そういおのずからみちをひらく)創意(物事をあたらしく考え出す心)があれば、自から道は拓かれていく。

創意自から道を拓くの原書写真

理念

私たちは、独自のものづくり技術と卓越した技術屋精神にもとづき、
電子と光の世界を構築し、情報コミュニケーションの未来に貢献します。

1987年、株式会社ミクロ技術研究所の研究開発部門として開設され、以来一貫してフォトリソグラフィーとエッチング技術で、エレクトロニクスデバイスを中心に次代に要求される様々な先端製品を生み出してまいりました。

2007年、組織の活性化と、これまで以上のスピードと集約した技術力をもってお客様のニーズにお答えすべく、株式会社厚木ミクロとして独立いたしました。
私たちはこれからも、ものづくりにこだわる、創造し挑戦する企業としてエレクトロニクス産業の一翼を担うことを目指します。